アウターランド 買取店
【徹底解説】テントのベタつきを防ぐ3つの対策

【徹底解説】テントのベタつきを防ぐ3つの対策

1.加水分解を起こさないテントを使用する。

テントのべたつき

「べたつき」を発生させない一番簡単な方法は加水分解を起こさないテントを使用する事です。

その「べたつき」を起こさないテントはポリウレタンのコーティング剤をを使用していない コットンテント(綿100%)やTCポリコットンテント(ポリエステル+コットン)です。

これらのテントはポリウレタンが塗られていないので、テントの「べたつき」が発生しません。

2.コーティング剤を落とし、再度コーティング剤を塗る。

2つ目の方法は、テントを洗濯して、コーティング剤を全て剥がし、乾燥後にコーティング剤を塗る方法です。
手間と時間が掛かりますが、愛用しているテントを使用し続けられるメリットがあります。

やり方

①大きなタライにぬるま湯を溜めておき、重曹500gをしっかり溶かす。

②テント生地を入れて足踏み洗いを行い、しっかり付け置きする。

③皮のようにコーティング剤がめくれてくるので、丁寧に剥がして、しっかり乾かす。

④テントが完全に乾いていることを確認する。

⑤テントコーティング剤を用意し、使用前によく混ぜる。

⑥スポンジやブラシを使い、テントコーティング剤を均等に塗布する。

⑦コーティング剤が乾くまでテントを風通しのよい場所で干す。

しかし、この再度コーティング剤を塗る方法にはデメリットも存在します。

デメリット

・広い庭やスペースが必要。

・耐水圧が下がる。

・作業時間が2〜5日間掛かる。

テントの耐水


スプレーを使用する方法

シリコンスプレーで一時的に、ベタつきをなくす方法もあります。 確かに、手軽で簡単に表面をサラサラにすることが出来ますが、防水性はありません。 そのため、あまりオススメは出来ない方法です。

テントのべたつき

3.適切なメンテナンスを行う。

適切なメンテナンスをすることによりテントの「べたつき」の発生を遅らす事ができます。

例えばテントの使用後はしっかりと水分を拭き取り、温度の影響を受けにくい環境で保管するように心掛けましょう。そうする事により、テントの劣化(べたつき)を遅らせることができます。

まとめ

テントのべたつきを防ぐには以下の3点を行ってください。

1.加水分解を起こさないテントを使用する。

2.コーティング剤を落とし、サイトコーティン剤を塗る。

3.日頃から適切なメンテナンスを行う。

これらの項目を適切に行えば、べたつきを防ぐ事ができ、快適なキャンプを楽しむ事ができます。



【大切な思い出が詰まったテントをお持ちの方へ。】

当店では、キャンプ用品の買取サービスをご提供しております。

お客様が愛用してきたテントには、キャンプやアウトドアでの素敵な思い出が たくさん詰まっていることでしょう。

私たちスタッフは、その思い出を大切にし、責任を持ってお引き受けいたします。

しっかりとテントの状態を丁寧に確認し、適正な価格を提示することで、 お客様にご満足いただける買取サービスを提供しています。

スタッフ一同、あなたの思い出に寄り添い、最高のサービスを提供いたします。


「あなたの大切なテントを次のオーナーへ」

買取強化ブランド

コールマンの買取 スノーピークの買取 プリムスの買取 ユニフレームの買取 小川の買取 モスの買取 MSRの買取 ヒルバーグの買取